診療科・部門 - 各部門看護部department

Home > 診療科・部門 > 各部門 > 看護部 > 看護部長挨拶

看護部長挨拶

札樽病院は、昭和52年札幌に隣接する、小樽市銭函に開院しました。
急性期・回復期・慢性期・在宅診療などのすべての過程において、幅広く地域の皆様のニーズにお応えするよう日々努力しております。
特に、リハビリテーション病院として39年の実績があり、入院患者様には早期リハビリを開始し、回復期は、365日リハビリを実施しております。

看護部では、病院理念のもと、地域に信頼されるよう、優しさと思いやりのある心を持って、安全で安心できる看護を提供し、患者様やご家族に満足していただけるようスタッフ一同努力しております。
また、倫理・接遇も含めた職業人としての態度に関しても育成し、専門職としての知識・技術を身につけ人間味あふれた看護を実践することを目指していきたいと思います。

看護部長 飯田晃子