診療科・部門一般診療department

Home > 診療科・部門 > 一般診療 > 脳神経内科

脳神経内科

須藤 和昌 Dr
専門外来-もの忘れ、てんかん、頭痛外来を担当しています。
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医・認定臨床医、日本神経学会専門医・指導医、日本頭痛学会専門医、日本てんかん学会専門医・指導医、日本内科学会認定医、日本小児神経学会専門医、日本精神神経学会専門医、難病指定医、小児慢性特定疾患指定医
  • 非常勤医師 山口 佳剛Dr (手稲渓仁会病院)
 
午前 須藤 須藤

須藤

須藤 山口
(非常勤)
-
午後 - - - - - -

リハビリテーションについて詳しくはこちら

上下肢痙縮のボツリヌス療法

札樽病院では、脳卒中後遺症などで上下肢の痙縮により、日常生活が行いにくい方を対象にボツリヌス療法をリハビリテーションと併用して実施しています。身体機能の改善には、ボツリヌス療法と併せてリハビリテーションを行うことが必要です。

痙縮とは

脳卒中後によくみられる筋肉の症状の一つで、麻痺の腕や手が曲がったまま伸ばせない、足首の動きが出にくいなどの状態です。痙縮が続くと関節自体が硬くなり、自力でも他の人が動かそうとしても動かしにくくなります。

ボツリヌス療法とは

痙縮のある筋肉にボツリヌス菌を注射する療法です。ボツリヌス菌は、筋肉を収縮させている神経を一定期間、緩ませる働きがあります。一定期間を過ぎると、元の状態に戻ってしまうので、筋肉が緩んだ時期に集中的にリハビリテーションを実施することが大切です。

rTMS療法(反復経頭蓋磁気刺激)

rTMS療法(反復経頭蓋磁気刺激)は、特殊なコイルを当てて磁気刺激を加え、神経を活性化させる治療法です。当院では脳卒中後遺症の上肢麻痺がある方、嚥下障害がある方に対して集中的なリハビリテーションと併用して実施しています。

<入院リハビリテーション>

 当院では、入院でrTMS療法を行っています。この間に集中的にリハビリテーションを行うのが効果的です。また必要に合わせて自主トレーニングの指導を行っています。

 

 

 

 

 

<嚥下障害>

 嚥下(えんげ)とは、飲み込みのことを言います。脳血管疾患の障害や加齢による筋力低下などによって、飲み込みに問題を抱えることがあります。それを嚥下障害と呼びます。

 コイルを当てる部位は舌骨上筋群という、いわゆる「ごっくん」をするときに働く、嚥下にとても大事な筋肉の集合体に直接磁気で刺激します。疾患にかかわらず嚥下障害患者様の多くは、この喉頭挙上範囲が筋力低下によって減弱しています。それで、喉頭挙上を支える舌骨上筋群に磁気刺激を与えて、しっかりと喉頭挙上させよう、「ごっくん」をする力をつけようというのが狙いです。

※全ての方に効果が出るわけではありません。
※当院では精神疾患の治療は実施していません。

rTMSを受けられない方

  • ペースメーカーがある方
  • 人工透析を受けられている方
  • てんかんの持病がある方
  • 頭蓋内に金属(クリップ等)がある方 など

ご希望の方は、札樽病院・地域連携室へご相談ください。