病院紹介outline

Home > 病院紹介 > 学術関連

学術関連

                                    

    2018/6/9~6/10 第49回作業療法学会
    荒井英俊 作業療法士
    「セラピストが期待する外出訓練の効果を患者はどのように感じているか」
    上田恭平 作業療法士
    「支援者会議を通して在宅、福祉サービス下での生活の質が変化した事例」
    上田由佳理 作業療法士
    「朝活レクリエーションの参加が生活への意欲に繋がった取り組み」
    高橋健介 作業療法士
    「主婦としての役割再獲得に向けた作業療法の関わり」
    高橋春菜 作業療法士 
    「集団への参加が主体的な療養生活を送るきっかけとなった事例」
     武田康弘 作業療法士
    「自己効力感が向上したことで活動意欲が向上した事例」

2018/5/19~5/20 第30回活動分析研究大会 

 水野威 作業療法士

 「歯ブラシが口から飛び出さないように~歯ブラシ・手・歯の知覚探索活動から失調症状が強い対象者の歯磨き動作の一  考察~」 

 上田恭平 作業療法士

 「動けるのに使うことができない手~食器洗いを楽に行うための取り組み~」

    2018/2/2~2/3 回復期リハビリテーション病棟協会第31回研究大会
     中黒渉 理学療法士

 「当院でのアウトカム評価における実績指数除外者算定と妥当性について」

     佐々木秀 作業療法士

 「大腿骨の人工骨挿入術後者の代償動作獲得について」

     小野俊介 理学療法士

 「高齢脳卒中患者の年齢・入棟時FIMからみた退棟時FIM利得の傾向~当院高齢脳卒中患者のリハビリテーション効果の傾向調査Ⅰ」

     植村和広 理学療法士

 「高齢脳卒中患者の年齢・入棟時FIMからみた退棟時FIM利得の傾向~当院高齢脳卒中患者のリハビリテーション効果の傾向調査Ⅱ」

2017/10/21~22 第68回北海道理学療法士学術集会

 田澤達彦 理学療法士

 「腹臥位が困難な者の下腿三頭筋に対しての超音波画像診断方法の考案と信頼性の検証」

    2017/9/22~24 第51回日本作業療法学会
     荒井英俊 作業療法士

 「失行を呈する患者における生活行為の観察を取り入れた有効性~The effectivemess of rehabelitation that adopted the observation of the activity in the patient with the apraxia」2017/10/20~22 The Ist Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium

     荒井英俊 作業療法士

 「The difference in the improvement of ADL performance and self-awareness by a presence of a feedback」2017/6/8~10 

    第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
     植村和広 理学療法士

 「回復期脳卒中患者に対する10分間のウォークエイド私用による効果」

    2017/6/8~10 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
     今井大樹 理学療法士

 「発達障がい児の足元からみた一考察~健常児と比較した足囲、足幅の荷重・非荷重差の検討」

    2017/6/10~11 第48回北海道作業療法学会
     眞田大基 作業療法士

 「テレビのリモコン操作導入から本人の主体性を引き出せQOLが変化した一症例」

    2017/6/10~11 第48回北海道作業療法学会
     須田春香 作業療法士

 「長期療養者の参加の場を求めて~茶話会が主体手楽しみの一つになった例~」

    2017/6/10~11 第48回北海道作業療法学会
    荒井英俊 作業療法士

「m-FIM利得、及び、動機づけの視点から見たモーニングケアの効果について」

    2017/6/10~11 第48回北海道作業療法学会
     上田恭平 作業療法士

 「右半側空間無視を呈する患者へのプリズムアダプテーションの効果」

    2017/5/12~14 第52回日本理学療法学術大会
     今井大樹 理学療法士

 「保育所における足靴計測調査活動から得られたデータの比較」

    2017/5/12~14 第52回日本理学療法学術大会
     植村和広 理学療法士

 「回復期脳卒中患者を対象とした加速度活動量計の歩数検出精度の検討」

    2017/5/20~21 第29回活動分析研究大会
     水野威 作業療法士

 「箸操作の獲得に向けて」