臨床心理室department/section03/department

公認心理士

 

 

 

 

 

 

 

略歴

  • 慶応義塾大学文学部心理学専攻で発達心理学を専攻し、発達障害診断のある未就学児の運動機能支援の研究を理学療法士と共同で行う
  • 在学中にアメリカカリフォルニア州立大学イーストベイ校に留学
  • 大学卒業後、北海道大学大学院教育学院修士課程に進学し、特殊教育臨床心理学を専攻。発達障害診断のある成人の狭所通過時の歩行機能についての研究を行う
  • 修士課程修了後、札幌市内の児童・放課後等デイサービスにて勤務
  • 2020年1月より札樽病院にて勤務
  • 加入学会:日本行動分析学会、日本自閉症スペクトラム学会

心理検査とは

当院の小児発達外来に通院しているお子さんを対象に、知能検査、認知検査、適応検査、発達の度合いであるスクリーニングなどの心理検査を行います。

心理検査で得られた結果の分析と解釈を行い、現在のお子さんの状況や今後の支援方法を保護者にご説明・ご提案いたします。また、医師、療法士と情報共有します。必要に応じて、保護者の子育てに関するお悩みを伺っています。

併設の児童デイサービス「コパンの杜」に通われている場合は、コパンの杜に赴いてお子さんの様子を観察したり実際に関わっています。

必要に応じ、心理療法を導入していきます。ご質問・ご相談がございましたら、遠慮なくお声かけください!