リハビリテーションに関する活動Rehabilitation

2020.03.11 UP
小児セラピー再開のお知らせ

新型コロナウイルス対策として学校・幼稚園・保育園が休校・休園となっている期間は小児セラピーを中止しておりましたが、3月12日(木)より、通常通りセラピーを再開することになりました。ただし、37度以上の熱や風邪症状がある場合は、セラピーを中止し病院受診をお勧めしております。

保護者様には担当者よりメールを送信しております。ご不明な点はお問い合わせください。

2020.03.02 UP
銭函リハビリテーション学校の修了式が行われました

2月8日(土)、今年度最後の銭函リハビリテーション学校が行われました。修了式や体力測定を行い、皆さんの活動の集大成を確認させていただきました。5月と比べて身体に変化はありましたか?今年度は、「毎日歩いて北海道を一周しよう!」運動イベントを続けてきましたが、2名の方が北海道を一周できました!皆さんの頑張りに私たちも身が引き締まる思いです。

新型コロナウイルス感染症が流行っていますが、もう少しで春が来ますね。春の訪れを心待ちに、毎日の習慣を整えたり、家の中でもできる簡単な運動を続けて体調管理をしていきましょう!

2020年4月以降の開催は、決まり次第お知らせいたします。

2020.01.27 UP
子育てCafé はぐを開催いたしました!

1月25日、子育てCafeはぐを開催いたしました。未就学のお子さんのお悩み相談を行いました。ご参加頂いた方々から日々の子育てにおけるお悩みに、あるある〜とみんなで共感しつつ、専門職(PT、OT、ST、心理士、保育士)から解決方法の提案をさせていただきました。参加者からは、『悩みを共有できて良かった』『早速アドバイス通りにやってみようと思う』などの声が聞かれました!
次回は2月22日、就学後のお子さんのお悩み相談会を行います。「ゲームとの上手な付き合い方は?」「思春期にどう対応したらいいの?」などお子さんに対するお悩みを、各療法士と保育士、心理士が専門的視点でご相談をお受けします。ご参加お待ちしています!

2020.01.22 UP
銭函リハビリテーション学校を開催いたしました!

1月11日(土)、第9回銭函リハビリテーション学校が行われ、41名の方にご参加いただきました!

今回は当院 放射線技師 高橋和也より「MRIについて」の講義と、理学療法士 松井彩夏より「骨折の予防に必要なこと」をテーマに、グループディスカッションと体操を行いました。

当院は昨年度からMRIを導入致しました。MRI検査はレントゲンやCT検査と比べて検査時間が長い、音が大きいなど、悪い印象がある方もいるかもしれませんが、実は優れた点がたくさんあります。今回はそんなMRI検査への理解を深めていただくために日頃の疑問についての回答やMRI特有の利点等をご紹介させていただきました。また、MRI検査を受ける前に、まずは骨折などのけがを予防しようというテーマで、住民の皆さんとグループディスカッションをする時間も設け、皆さんが日ごろ「転倒を予防するうえで気を付けていること」を共有致しました。転倒しないように日ごろから運動し身体を鍛えることはもちろん大切ですが、北海道の冬を乗り越えるためには様々な工夫が必要なんだと改めて実感した内容になったと感じています。

来月は、2月8日(土)修了式と体力測定を予定しています!今年度、最後の銭函リハビリテーション学校となりますので、皆様ぜひ奮ってご参加ください!

2019.12.24 UP
インフルエンザ流行時期の小児セラピーの対応について

インフルエンザ流行時期は、セラピー開始前にご本人・ご家族を含めた体調の確認をさせていただきます。感染拡大を防ぐためにセラピーが中止となる場合がございます。ご不明な点や判断に迷う場合は、担当療法士へお問い合わせください。

2019.11.22 UP
子育てCafé はぐを開催いたしました!

11月16日(土)、子育てCaféはぐを開催いたしました。

お食事の際のお口の動き、姿勢に加え、食具(スプーンや箸)の選び方や正しく使うために必要なことを講義しました。その後実技として、箸操作に必要な手先の動きを引き出せる遊びをセラピスト、保護者、お子さんで一緒に行いました。お家でも簡単に出来るトレーニングなど好評でした!!

次回、2020年1月25日(土)は未就学のお子さんのお悩み相談会を行います。「ことばがはっきりしない」「集団についていけない」「お友達とトラブルになる」「トイレトレーニングが進まない」など、お子さんに対するお悩みを各療法士と保育士が専門的視点でご相談をお受けします。ご参加お待ちしてます!!

2019.11.19 UP
日本小児理学療法学会学術大会で発表いたしました

2019年11月16日~17日、福岡県で開催された第6回 日本小児理学療法学会学術大会で理学療法士の高橋幸助がポスター発表をいたしました。テーマは「成人の脳性麻痺に対する運動イメージの特徴について」で、近年、脳科学の分野で注目されている運動イメージについて、脳性麻痺を対象とした研究を報告いたしました。

「多くのセラピストと質疑応答を交え、これからの課題や理学療法士としての在り方について考えさせられた2日間でした。今後も研鑽を積み、理学療法士として患者様やご家族の支えになれるよう励んでいきたいと思います。」

2019.11.14 UP
銭函リハビリテーション学校を開催いたしました!

11月9日(土)、第7回銭函リハビリテーション学校を開催いたしました。第1部は、介護保険についての講演でした。今は介護の必要がなくても・・・、突然病気になったり、自分が介護をする立場になるかもしれません。そんな時のために、介護保険の利用の仕方、サービスの種類についてお話しさせていただきました。
第2部は、認知症の方の介護についての勉強でした。認知症の方に関わる際は、相手のそばに寄りしっかりと目を見て話す、手を握る、身体をさする等で不安を軽減させることができます。3人1組になって認知症の妻、夫、娘の役になりきって実践していただきました!

 

来月は、12月13日(土)の予定です。10月に当院に着任した脳神経外科・村井宏 先生の講演です。乞うご期待!

2019.11.01 UP
銭函リハビリテーション開催のお知らせ

2019年11月9日(土)、銭函リハビリテーション学校を開催いたします。テーマは「介護予防のお話」です。日頃、患者さんやご家族の悩みをお聞きし社会福祉の立場からサポートする医療相談員が、「介護保険について」「認知症について」の2部構成でご紹介します。ぜひ、ご参加ください!

日時:2019年11月9日 土曜日 10:00~12:00
場所:銭函市民センター 事前申し込みは不要です。
無料送迎バス運行しています。ご希望の方は、お申し込みください。☎0134-61-7713
参加費:無料

10月の開催は、12日(土)に行われました。言語聴覚士からは、おいしく安全に食べるために「舌はきれいにしましょう」、むせた時は無理に何かを飲むのではなく「待ちましょう」等のアドバイスがありましたね。管理栄養士からは、長生きに繋がる栄養素のお話や、食欲がなく食べられないときの食品の選び方など実際的な提案がありました。日頃から参加された皆さんも様々な工夫をされているようで盛り上がりましたね!食事を食べるために必要な顔や口の筋肉を保つのに役立つ「嚥下体操」を、ぜひご自宅でも行い、いつまでもおいしく安全に食事をとることにつなげていきましょう!

2019.10.28 UP
子育てCaféはぐ 11月開催のお知らせ

2019年11月16日、子育てCaféはぐ を開催いたします。
今回は、「食具と食事と姿勢」がテーマです。食べこぼし、離乳食などについて、よくある質問に各専門職がお答えします。

お気軽にお申し込みください!コーヒー無料です!

日時:11/16(土)10:00~12:00
場所:児童デイサービス コパンの杜 
小樽市銭函3丁目297番地 札樽病院隣 (無料駐車場あります)
お問い合わせ:TEL(0134)62-5851 作業療法士 荻野圭司

次へ >